システムエンジニアのギャップ解消の対策

新しく仕事に就いた新人の中には、仕事が長続きしない人もいます。
その理由の一つは、仕事に対して抱いていたイメージと現実に大きなギャップがあるためです。
こうした問題は、事前に仕事に対しての十分な調査を行ってこなかったことが要因の一つとしてあります。
事前に目指す仕事の実態を知っておくこととは重要な事柄であり、そのために多少の時間や労力をかける意味があります。
しかし、業界の実際の事情については、外部からは分かりにくいという問題はあります。

システムエンジニアの仕事でも、具体的な仕事の内容を詳しく知っているという人は、あまり多くはないです。
その結果、仕事の本当の実情について知る手掛かりを掴むことができず、仕事に就いたもののギャップを強く感じる新入社員は多いです。
このような仕事と働き手のすれ違いをなくすため、仕事の実態を知ってもらう情報発信を行う事が大切です。
親しみやすく仕事の内容を知ってもらう工夫として、システムエンジニアあるある情報という形で、仕事の内容を知ってもらうという手段があります。

これから仕事を選ぶという学生たちに向けて、システムエンジニアの仕事でよくあるような出来事をまとめてみれば、その仕事の本当のところをよく分かってもらえます。
新人たちの貴重なキャリアの時間を無駄にしないためにも、あるある情報など多種多様な手段を用いて、仕事のイメージとギャップをなくしていく対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です