システムエンジニアに関する面白い本

システムエンジニアは略してSEと呼ばれますが、ある固定されたイメージで見られることが多い職業です。
特に多いのが、SEは徹夜ばかりしているというイメージです。もちろん、忙しいと徹夜で仕事をしたり、会社に泊り込んだりする人も多いですが、毎日徹夜で仕事をしているわけではありません。

しかし、世間では、SEイコール徹夜で仕事をする人というイメージが、非常に強いのです。
他にも協調性がないとか、恋人ができにくいとか、世間でイメージされているSEの本当の姿を、面白おかしく書いているのが、きたみりゅうじです。
彼のSEに関して書かれた本は、何冊も出ています。
いずれもSEが読むとあるあると思えて、SE以外の人が読んでも楽しめる本です。
きたみりゅうじは、大阪生まれの元SEで、イラストレーターでもあります。
ネット上で連載していた4コマ漫画がきっかけになり本を出したところ、大きな評判を呼びます。

そして、現在はフリーのライター兼イラストレータとして活躍しています。
きたみりゅうじは、もともと企業用システムの設計や開発をしており、しかも営業までやっていたという人で、SE時代の様々なエピソードを含めた著書は現在でも人気があります。
SEが書いた本ですが、専門用語がたくさんあって読みにくいということは全くなく、SEという職業を知らない人が読んでも、笑って読めます。
IT業界の実態がよくわかる、とても貴重な本です。
そんなあるある情報を◆◆システムエンジニアあるある大辞典◆◆サイトで紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です